治療の進め方・Q&A
トップページ > 治療の進め方・Q&A

治療は、体の働きを元気にし自然治癒力を高める治療(=本治)と、肩こり頭痛など身体各部に現れる諸症状を取り除く治療(=標治)を行います。鍼灸治療にとって、本治と標治は車の両輪です。
また、鍼灸治療は、主訴となる一部分だけを治療するのではなく、身体全体の不具合を調整・治療します。お困りのところは可能な限り治療しますので、気になるところは全てお話し下さい。

治療の進め方

*着替え

下着の上に患者衣を着ていただきます。

*問診

身体の不調の様子や話をしっかり聞きます。何でも遠慮なくお話しください。その中に治療に役立つ重要な情報があります。

*診察

脈やお腹の状態、顔や肌の色、皮膚の状態などを診察します。又、症状に応じた徒手検査を行います。

*治療

東洋医学に基づいて総合的に判断し、鍼や灸による、「本治」と「標治」を行います
※治療中でもわからないことは遠慮なく質問してください。また体の変化も伝えてください。疑問や不安を解決し信頼を深めることで治療の効果を高めます。

*終了

お疲れ様でした。お着替えをしてください。

 

問診
問 診
診察
診 察
治療
治 療

治療についてのQ&A

Q. 鍼は痛いのでしょうか?

A. 鍼は髪の毛程度の細いもので、ほとんどの場合無痛です。ただし「ズーン」と 感じるような鍼独特の「響き」という感覚が時にあります。

Q. お灸は熱いですか?

A. 肌に直接艾をつけるやり方でも米粒の半分ぐらいなので、チクっとした熱さを感じる程度です。それ以外は間接的に熱を伝えるやり方で、心地よい暖かさを感じます。

Q. 鍼は衛生的ですか?

A. 一人一人使い捨てのものを使うので衛生上問題ありません。

Q. 健康保険は使えるのでしょうか?

A. はい、使えます。でも、お医者様にかかるように、費用の3割あるいは1割を負担するという制度ではなく、一回一部位の治療のみで1,000円ほどの療養費が支給されます。詳しくは 料金のページ をご覧ください。

Q. 治療期間はどのくらいですか?

A. 症状が改善されれば治療を終えます。しかしながら、以下のような場合は長期の治療が必要となります。

①痛めている個所を過度に繰り返し使用し、慢性化している症状。
②骨格や関節の変形が原因となって引き起こされている症状。
③生活習慣による慢性疾患の治療。
④体質の改善。免疫力の向上。健康の維持管理。

Q. 鍼灸はどんな病気にも効きますか?

A. 外科手術を要するものや感染症以外でしたらほとんどの病気に治療が可能です。WHO(世界保健機構)は、49疾患が鍼灸治療が有効であるとしています。遠慮なくお問い合わせください。

Q. 副作用はありませんか?

A. 副作用はほとんどありません。ただし、鍼灸治療をした後、体がだるくなったり、主訴とする症状が一時的に悪化することがあります(特に初めての方)これを東洋医学では「瞑眩(めんげん)」といい、効果の表れた証拠だと捉えます。ご心配なさらず体をゆっくり休めてください。